そろそろかも!?保険の見直し方法とは

MENU

保険の見直し方

保険料は少しでも安い方がいいと思っている人は多いと思いますが、保険料を少しでも安くする方法としてはどうすればいいのでしょうか。まず一つ目としては保険金額を見直す必要があります。保険金額が高ければその分保険料も高くなることになりますから保険金額が実際にそれほど必要なのかということを考えて保険金額を減らせば保険料も安くなるのではないでしょうか。死亡保障を見直す方法としては、子どもの年齢に合わせて保障をだんだんと減らしていくというのがいいといわれています。それから保険料の見直しとしては今入っている保険で必要がない保険があった場合には、その保険を解約するという方法が一つあります。もしかすると保障内容がかぶっている保険があるかもしれませんから見直してみましょう。

 

そして保険料を抑える方法としては、新しい保険に入りなおすという方法も一つあります。今入っている保険を見直してみてもし他にも自分にあった保険があるのであれば保険を乗り換えてみると保険料を抑えられると思いますから保険の見直しをしてみるというのもいいかもしれません。保険料は何とでも抑えることができますから一度見直しや新しく加入することも検討してみてはいかがでしょうか。

 

保険のシュミレーション

保険を選ぶ際にとても便利なのが保険のシュミレーションです。保険のシュミレーションというのは、インターネットのオンライン上で行うことができるのですが、インターネット上で自分の保険に対しての必要事項を入力するだけその保険についていろいろとシュミレーションすることができるのです。保険のシュミレーションをしてみると、何歳でどれくらいまで保険がかかっていてどれくらいの保障がされているのかがよくわかります。たとえば学資保険のシュミレーションをしてみた場合には、何歳の時に祝金がもらえて満期になるといくらくらいの保険金がもらえて、毎月の保険料がいくらなのかということが一度でわかるようになっています。ですから保険のシュミレーションをしたいと思っている人は一度インターネットのオンライン上でやってみるといいと思います。

 

色々と資料や見積もりを見てもピンとこないという人でも保険のシュミレーションをやってみれば一目瞭然ですから一目でわかるのではないでしょうか。保険のシュミレーションを行っている保険会社もありますし、保険についてのサイトでもシュミレーションをすることができますから一度探してみてやってみるといいかもしれませんね。

 

保険の特約

保険の特約についてですが、生命保険にはいろいろとメインの契約に特約を付けてもっと保障内容を充実させるという方法がありますがご存知でしょうか?一つのメインの契約にいろいろと保険の特約をつけることができるのですが、どんな特約があるのか紹介していきたいと思います。まず一つ目の特約としては入院のための特約があります。たとえば災害入院特約の場合には災害で入院したときの給付金がもらえるというものががん入院特約といってガンで入院したときだけ給付金がもらえるもの、女性疾病入院特約といって女性特有の病気で入院したときに給付金がもらえるというものもあります。

 

他にも特約の中には死亡保障をさらに充実させるための特約もあります。定期保険特約といって、保険期間中に死亡してしまうと死亡保険金がもらえるという保険です。それから家族定期保険特約といって、家族が保険期間内に死亡した場合には保険金がもらえる特約もありますし、収入保障特約といって保険者が死亡した後に契約の時に決めた満期までは年金として受け取ることができるという特約です。このほか、高度最新医療特約や、重度障害補償保険特約、介護保障保険特約などいろいろと他にも特約はありますから自分の保険に合わせてつけるといいのではないでしょうか。